やっぱり神戸って最高ですよね。
ぼくは元々奈良に住んでいるのですが、奈良でも大阪よりのところに住んでいました。

ですので、比較的大阪や神戸にはアクセスしやすい土地だったのです。
なので、奈良から神戸?ってちょっと驚く人もいたりするのですが、2時間くらいあれば到着するのです。

その神戸で何が素晴らしい、って言えばやっぱり夜景ではないでしょうかね。
日本三大夜景って知っていますか?函館、神戸、そして長崎。

この三大夜景のポイントは夜景を見下ろせる小高い山があるということです。
山がないところは夜景を見下ろすことはできませんからね。

ということで、神戸にいったときも六甲山から夜景をたんのうしていました。

他にも、神戸中華街があったり、水族館があったりして、
若者には大人気のスポットが神戸なのです。

ブティックやエステなど、若者に人気の商業施設がたくさんあるのも神戸の特徴です。

http://xn--18j3cs52r6bif4ql7k.net/

アウトレットストアとかもあったりしますからね。

以前訪れたときもやたらと若いカップルたちがたくさんいたのをすごく憶えています。

男どおしで歩いたりするのはちょっと恥ずかしかったりしますからね。

あと、外せないのが甲子園です。

甲子園は、大阪にあると思っている人がいたりしますが、あれは神戸と
大阪のちょうど中間くらいにあるのですよ。

皆さんは新潟に訪れたことがありますか?

新潟はお米で有名なこともあって、水田がとても多いみたいですね。
お米も美味しいのですが、酒蔵も沢山あって、見学や試飲が出来るところもあるようです。
お酒が好きな方は新潟に来られた際は楽しまれてはいかがでしょうか。
また食べ物では、魚が美味しいみたいですね。

そんな新潟を観光でまわるには、
レンタカーや観光循環バスの犬夜叉号を利用する場合が多いそうです。
運賃は通常200円ですが、観光専用の1日フリー乗車券が500円なので結構お得だと思います。

30分間隔で1本出ているので、
いつ行ってもそんなに待たずに乗れるので良いですね。

観光バスで、新潟市美術館やみなとぴあ、朱鷺メッセなど、マリンピアなどの観光スポットで下車できます。

みなとびあから歩いて5分もかからない所に、
パワースポットである湊稲荷神社があります。
住宅街の中にあるので分かりにくいかもしれませんが、
私は興味があるので行ってみたいです。

また、朱鷺メッセの近くにある信濃川から日本海が眺めることが出来て、とてもキレイだそうです。

それから信濃川では、ウォーターシャトルという船が出ていて遊覧を楽しめるとか。
天気が良い日にはすごく癒されそうですね。
新潟ふるさと村ではお土産や地元の物産が買えるので、
ぜひ遊覧船に乗って行ってみたいです。

このように新潟は地味な印象がありますが、観光客も意外と多く、
お年寄りから若い方まで楽しめる場所がたくさんあると言われています。

実際に行くと思ったより楽しく、とても1日や2日では観光しきれないでしょうね。

原発が心配です。福井県

福島県は今どうなっているんでしょうか。

今年の5月に、漫画「美味しんぼ」の作者が、福島県の知事から批判されました。
漫画の中で、主人公達が福島第1原発に行った時に、
鼻血を出したというような描写があったみたいですね。
この漫画が原因で、県外の修学旅行生の団体が、宿泊予定だった福島県のホテルをキャンセルしたり、同様のキャンセルが相次いだと言われています。

このウワサは本当なのでしょうか。
原発問題がまだ浮き足立っている時に、わざわざ高校生が福島に修学旅行に行くなんて奇妙な感じもするのですが...。

現在、福島県では、元の生活を取り戻しつつある地域もあります。
でも観光産業などは、まだまだ風評被害があって難しいみたいです。
一部のホテルや旅館は、原発で働く作業員などが長期利用して賑わっていますが、
少し離れたところに行くと、大半のお店が休業中だそうです。

そして。原発の影響を受けている観光地は福島だけではなく、日本のあらゆる地域で外国人観光客は減少しているみたいですね。

現在、放射線量がどれくらい人体に影響を与えているのか...という情報はニュースではやっていません。
だから福島県を差別するつもりではありませんが、
福島県に行ってみたいかと聞かれれば、私も正直行くのは怖いと思ってしまいます。
恐らく多くの人が、そのように感じているかもしれません。

このような福島の原発問題が、これからどんな風に変化するのかは、
今の段階では全く分らないのではないでしょうか。

高知の観光スポットと言えば・・・

皆さんは高知県って聞いたら、何を思い浮かべますか?

やはり高知県は「坂本龍馬」だと思う人が多いのではないでしょうか。
坂本竜馬は、言うまでもありませんが江戸時代末期の土佐藩郷士でした。
TVでもご覧になったことがある方もいると思いますが、

その坂本竜馬の大きな像が置いてある事で有名なのが、
桂月という竜王岬と竜頭岬の間に広がる砂浜です。

白い砂と青松が印象的な浜辺で、
中秋の名月の日は、名月酒供養が行われているそうです。
よさこい節でも「月の名所は桂浜」と唄われているんですよ。

近くには、坂本竜馬の像だけでなく坂本竜馬記念館や、
桂浜水族館、土佐犬闘センターなどもあるので行ってみても良いかもしれません。

それから、高知県に来たら日本三大鍾乳洞の龍河洞にはぜひ訪れてほしいです。
長い年月をかけて作られた鍾乳石などの自然に感動すると思います。
全長4kmの中で約1kmが観光コース。30分位で見てまわるようです。
そして少し長めの冒険コースというのもあって、とても人気があるみたいです。
冒険コースは有料なのですが、つなぎ服とか長靴を借りて90分の本格的な洞窟探検をします。
前日までに予約しないといけないので、
チャレンジしようと思う人は忘れずに予約しておきましょう。

また、龍河洞を出たら、入館無料の珍鳥センターに行くと良いですよ。
特別天然記念物のオナガドリや珍しい鳥がいっぱいいて、面白いです。

他にも、高知県にはたくさん人気スポットはありますので、ぜひ行ってみましょう。

香川県のココが今、面白い!

朝晩少し涼しくなって、だんだん秋が近づいてきましたね。
香川県ではちょうど今、讃岐まんのう公園でコスモスフェスタが行われていて、
家族連れなどで賑わっているようです。

でも、この夏から話題の「瀬戸内宝探し大冒険」もまだまだ大人気みたいですよ。
ご存知ない方に説明すると、この宝探し大冒険は香川県内の8エリアで宝探しをするゲームなんです。

エリアは、高松エリア、屋島エリア、琴平エリアといった感じに8エリアに分けられています。
参加方法は簡単で、各エリアにある観光案内所で宝の地図をもらって、
8エリアの中から自分がチャレンジするエリアを決めたら、ゲームスタートです。

流れとしては、各エリアに伝わっている伝説などの謎を解いていくみたいです。
宝の地図に書かれてある謎を解くと、各エリアに3つある宝箱の隠し場所が分かるそうですよ。

1個見つけると10ポイントで、
合計が50ポイント以上になると賞品に応募できると言われています。
ただし1人1回までなので、どれが欲しいのかよく考えてから応募しましょうね。

トップのうどん県賞は、なんと讃岐うどん1年分だとか。
他にも商品が沢山あって、なかなか豪華だと思います。
希望する商品が当たらなくても、参加賞を貰えるのが良いですね。

小学生の子供などがいる家庭では、とても楽しい休日が過ごせるでしょう。
また、カップルや年配のご夫婦でも、童心に返った気持ちで十分楽しめると思います。
意外と知らない香川県の歴史を知るチャンスかもしれませんね。

このイベントの開催機関は今年の10月31日までなので、
まだ間に合いそうなので、興味がある方は行ってみてはいかがでしょうか。

皆さんは島根県の訪れたことがありますか?
実は島根県にあまり知られていませんが素敵な所がたくさんあります。
例えば「石見銀山遺跡」などは、
2007年に世界遺産に登録されて以来、秘かな観光地になっているのです。

石見銀山遺跡は、鉱山の跡や自然がそのまま残っているので、
現在ではかなり貴重な遺跡だと言われています。
観光に行った際には、イヤホン式のガイドをレンタルしてみると良いですよ。

それから、島根といえば「出雲大社」でしょう。
パワースポットとしても名高い出雲大社は、
八雲山をバックに神域たるオーラをまとっています。
数千年の歴史を持っていて、
日本で最も古い歴史書である古事記の中にその創建が書かれているようです。

その古事記や日本書紀などで、
出雲の国は多くの神話の舞台になっています。
例えば、縁結びの神様として有名な大国主大神を祀っているのが出雲大社なのですが、
大国主大神は日本の国を創った神でもあるとされています。

縁結びというと、自分にはもう関係ないと思う人もいるかもしれませんが、
縁というものは、男女の恋物語だけではありません。
人と人だったり、人と物だったり...
この世に存在するあらゆる縁が、幸福をもたらすこともあるのです。
機会があれば、ぜひ出雲大社で良い縁を祈願してみましょう

旧暦10月を神無月と言いますが、出雲では神在月と呼びます。
なぜなら、10月に全国の神様が出雲に集まると言われているんです。

神々が集われるこの時期に、
皆さんも出雲地方を訪れてみてはいかがでしょうか。

とにかくあまり知られていないけど、いいところがたくさんの島根県。
最近はエステサロンなどもたくさんできてきています。

島根、出雲市で永久脱毛するとしたらどこ?私はココでしました!

都心に住みたがる若者も多いですが、自然に囲まれて生活するのもいいのではないでしょうか?

鳥取県で有名な観光地といえば、鳥取砂丘ですね。
東西に約16km、南北に約2km以上に渡って広がっている日本一大きな砂丘です。

一番盛り上がった丘の最高峰は馬の背と呼ばれ、
そこに立つと広大な遠浅の海と砂丘を眺めることができます。
サラサラと流れていく砂が造る「砂簾(されん)」が非常に美しく、
いつまでも佇んでいたい感動スポットになるでしょう。

砂丘では、ラクダに乗って遊覧したり、空中散歩できる観光リフトなどがあります。
ラクダ遊覧は子供にとっても良い思い出になりますね。
ちょっと怖いなぁという人は、ラクダと撮影だけでもOKみたいですよ。

それから、夏は海水浴も楽しめて、海の家とかの施設も賑わっているようです。
昼間は砂が暑くなることがあって危険なので、
サンダルなどを履いていく場合は気をつけた方が良いですね。

すぐ近くには、色々な体験もできる児童厚生施設があります。
面白い遊具やバッテリーカーのような乗物もあるんですよ。
入園料は大人500円で小学生以下は無料なので、ぜひ行きましょう。

また、鳥取で有名なのが白兎海岸です。
その昔、ウサギがワニをだまして海を渡ろうとしていたのですが、
バレてしまい、皮を剥がれてしまいました。
この白兎海岸は、その時に大国主命が通りかかって助けてくれたという神話がある海岸なんです。

近くの白兎神社では、縁結びの神様として白うさぎが祀られているそうです。
日本初の恋物語の発祥地とされて、2010年には「恋人の聖地」に認定されたのです。
カップルやご夫婦で、永遠の愛を誓いに行くというのも素敵だと思いますよ。

鹿児島県に行ったら桜島を見てみたいと思う人は多いですね。
桜島は鹿児島湾にある、今も噴火が続いている標高1117mの火山島です。
といっても、1914年の噴火によって大隅半島と陸続きになっていますが...。

鹿児島港からフェリーに乗って10~15分で行けます。
ゆっくりと近づいてくる桜島を見ると感動しますし、
時々、自衛隊の基地があるので潜水艦などが顔を出すこともあって面白いですよ。

風向きが良くない場合は、
火山灰が流れてきたりすることもあるので気をつけましょう。
乗車の前には風向きチェックをした方が良いかもしれませんね。

そして、桜島のフェリー乗り場から西側にある溶岩なぎさ遊歩道が、
今、穴場の観光スポットにもなっているようです。

海沿いに続く遊歩道は3キロもあって、
黒くてゴツゴツした溶岩がいっぱいで迫力があります。
ここは、日本の遊歩百選というのにも選ばれているそうです。
桜島の風景を眺めながら散策するのは気持ちよいでしょうね。

遊歩道の横には溶岩なぎさ公園があって、
天然温泉した足湯があって癒されます。
足湯は全長100mと非常に長くて、
赤褐色の濁り湯で身体に良い効能がありそうですよ。
日頃の疲れを取って、のんびりとした時間を過ごせるかもしれません。

また、赤水展望広場にある叫びの肖像も面白いので見てみる価値はあるでしょう。
この像は、桜島の溶岩を38tも使っていて、高さは3.4m。
2004年に行われた、長渕剛のオールナイトコンサートの記念で造られたモニュメントです。
毎年多くのファンが見にやって来るみたいですよ。

鹿児島県には、他にも様々な観光スポットがありますし、
どれも魅力的なので、ゆっくり観光するのには最適な所だと思います。

やっぱりここが大好き、福岡!

皆さんは福岡県ってどんな所だと思いますか?
空港もあって利用する人が多いわりに、
意外と目立った観光地が少ない気もしますね。

でも福岡は都会と田舎の雰囲気を兼ね備えた、とっても楽しい街なんですよ。
物価も安いし、福岡ドームがあるからアーティストのライブも多くてデートスポットにもバッチリです。

そこで私がおススメする福岡の魅力を紹介します!

まず観光っていうと太宰府天満宮と九州国立博物館などが有名です。
太宰府天満宮は学問の神様として知られているそうですし、
九州国立博物館は歴史好きなら興味深いのではないでしょうか。

それからグルメとかショッピングが充実しています。
マリノアシティは、アウトレットモールがあって、日本で一番大きい観覧車があるのです。
海のそばにあって、港の風景がオシャレで人気のスポットです。

キャナルシティ博多はキレイな建物で、
噴水前広場ではよく無料のイベントがあります。
地元の人でいつも賑わっていますが、観光で訪れても面白いですよ。

素敵なカフェやレストランも沢山あるのですが、
おススメはセンターウォークの5階の「ラーメンスタジアム」。
日本全国で人気のラーメン店が幾つも集っていて、
外国のラーメン好きにも評判が良いみたいです。

このラーメンスタジアムに入るラーメン店は、
一定期間で入れ替わるので、行く度に珍しいラーメンを食べられるんです。
お土産の販売もされていて、
ご当地ラーメンやラーメングッズなどもあって買っていく人も多いそうです。

このように福岡県には、ガイドブックなどで見るよりも、
実際に行くととても楽しめる所がいっぱいあります。
観光で訪れた人はきっと福岡県のことが好きになると思いますよ!

カテゴリ

ウェブページ

  • about
Powered by Movable Type 5.2.10